プロアクティブ+の口コミ評判が悪いのは理由があった!?知っておきたい正しい知識

プロアクティブ+は口コミの評判が悪い

プロアクティブプラスの悪い評価のほとんどはニキビケアとプロアクティブについての正しい理解ができていない事が原因!

ニキビに悩み、いろいろな方法を試しそれでも治らない、、、そんな時に見つけたのがガシーレンかージャパンが発売しているプロアクティブプラス という商品ではないでしょうか?

ニキビを克服した人が登場して美肌を見せてくれているCM、そんなCMを見て「この商品ならどうやっても治らないニキビを治してくれる」と淡い期待を抱いてしまいますよね。

しかし、プロアクティブ+の口コミや効果を検索してみると出るわ出るわ悪い評価のオンパレード・・・例えばプロアクティブ+の口コミ評価では以下のような悪評が多いですよね。 

<プロアクティブ+の口コミ例>

・治らない、むしろ肌が荒れた
・乾燥する
・ヒリヒリする
・使用をやめるとニキビが増えた

こんな悪評がたくさん並んでいたりします。

 

せっかく長年の悩みだったニキビを治す事ができる!と希望を抱いたのもつかの間で、「プロアクティブ+じゃニキビは治らないのか」「今まで何をやってもダメだったニキビが治るワケないよね」そんな風に気落ちしたりしてないでしょうか。もうニキビケアを半分諦めていたりしないでしょうか

 

そんなあなたに、プロアクティブ歴9年の私は言いたい事があります。

 

それは、プロアクティブ+を正しく使用すればきっとあなたをニキビの悩みから解放してくれるという事です。

 

ただしそれには条件があります。それは、「ニキビケアを正しく理解し、プロアクティブ+の特性を正しく理解して使用する」という事です。

この前提条件が守れるのならばきっとプロアクティブ+を使ってニキビの悩みを解消することができるはずです。

なぜならこれらのプロアクティブ+に関する悪評の数々は、多くの場合ニキビケアについての正しい知識とプロアクティブについての正しい知識がない事が原因だからです。

ちなみに私はプロアクティブ+を使えばニキビの悩みを解消してくれるということをただの経験則から語っているワケではありません。むしろ客観的な視点でニキビの原因とプロアクティブの成分等を照らし合わせた結果として言っています。

というのもこれまで私は自分のニキビを綺麗に治すためにニキビケアに関する本を10数冊読み、ニキビケアに対する正しい知識とニキビに有効なアプローチを自分なりに学んできました

そうする事でネット上に転がっている悪評の数々の原因がわかってきたと同時に、どうすればプロアクティブ+の効果を十分に得られるかがわかってきたのです。

 

人間の肌質は人によって異なる

自分の肌に合った使い方をしなければならないのに、ほとんどの人はそんな事1ミリも考えていない。

まず第一に考えて欲しいのが、「人間の肌質ってみんな同じなの?」という事です。こういう風に聞くとおそらくほとんどの人が「同じという事はないだろう」と答えると思います。

だとすると、その異なる肌質に対して全員が全く同じニキビケアをして全員が同じ効果を得られるという事があるでしょうか?

これも答えはカンタンです。同じケアで全員が同じ効果を得るのは難しいです。そりゃそうですよね、肌質が違うのだから同じ事をしてもうまくいかない事は当然あります。

しかしここで気づいていただきたいのは、肌質が違うから効果が出ないのはしょうがないという事ではなく、肌質が違うなら自分の肌質にあったプロアクティブの使い方をする必要があるという事です。

そして自分の肌質に合った使い方をすれば、プロアクティブプラスはきっとニキビに対して効果があるはずだという事です。

 

例えば髪の毛で考えるとわかりやすいと思いますが、仮に2人の人を同じようにカットした場合でも髪質の違いよって最終的な髪型って全く同じにはならないですよね?もしかすると1人の方は完璧でもう1人の方はありえないくらい酷い髪型になるかもしれません。

しかし、美容師さんはゼッタイにそんな酷いことにはしませんよね?1人1人の髪質を見ながら最適なカット方法でベストな髪型にしてくれます。

 

プロアクティブ+もそれと同じです。1人1人自分に合ったプロアクティブ+の使い方をして始めてきちんとした効果が出るのです。髪を切る際には美容師さんがうまく調整してくれますが、肌に対してはあなたがうまく調整してあげる必要があるのです。

それを考えずしてテキトーに使ってみてニキビが治らないだのニキビが増えただの言っている人がほとんどなのです。実際私もプロアクティブを最初に使用した時はそんな感じでニキビへの効果はあるものの肌荒れしたりしてしまい、一時期使用をやめていました。

しかし他の製品をいくつも使ってみましたが、ニキビへの効果でプロアクティブを上回るものはなかったのです。そこで、もう一度プロアクティブを使う際に「そもそもなんで肌荒れしてしまうのか」などを考え、結果として上手な使い方を発見したのです。

なのであなたもニキビを理解し、製品を理解し、お肌を理解する。これができればきっと上手くいくはずです。(そもそも何も考えずに使っても相性バッチリな方ももちろんいますのでご心配なく。)

 

ニキビはなぜできるのか

ニキビを防ぐには「毛穴に皮脂などが詰まる」原因を排除する事が必要。

ではここでカンタンにですが、ニキビは何故できるのか?について理解しておきましょう。

ニキビができるのは毛穴に皮脂(あぶら)などが詰まって毛穴の中にアクネ菌が繁殖し、毛穴の中で炎症を起こしてしまう事によって発生します。このニキビの原因に関しては小林製薬のビフナイトのページが非常に分かりやすくまとめてくれています。

こんな感じで皮脂が詰まって外に排出されなくなってしまうと、毛穴の中でアクネ菌が繁殖してニキビになってしまうのです。

ちなみに肌は常に肌を守るために一定量の皮脂を分泌しています。その皮脂を皮膚にある常在菌(アクネ菌もこの1種)が分解して脂肪酸にする事によって肌を弱酸性に保っています。肌に付着する雑菌やウイルスはアルカリ性なので、それが肌で繁殖しないように弱酸性にしているのです。

ではなぜ皮脂などが毛穴に詰まってしまうのか?という事を考えるとニキビの解決法が見えてきます。そしてニキビができる原因となる「毛穴に皮脂などが詰まる」状態になる原因は大きく次の3つに分けられます。

①肌の乾燥②皮脂の過剰分泌③角化異常

 

管理人
これら3つの事について詳しくは知っておきたいニキビの基本(なぜできるのか?)とプロアクティブ+の関係という記事をご覧ください。

詳しい事はさておきですが、とにかくニキビを防ぐためにが「毛穴に皮脂などが詰まる」原因である「乾燥」「過剰分泌」「角化異常」を防ぐ事が必要になります。

しかしこれら3つのものは、それぞれが独立して原因となているのではなく、互いに作用しあってニキビの原因となっています。

そのため、ニキビを治すために「早く寝る」だとか「油っぽいものを食べない」という事だけではこれら3つの原因を完全に排除する事はできないので、ニキビの改善につながりません。

そして他のニキビケアも同様に、ただ1つの要素だけを排除しようとしてもそれはニキビの改善にはつながらないのです。逆に言えばプロアクティブプラスのように複数の製品を使ってトータルにケアをしてあげなければ複雑な原因によって発生するニキビを防ぐのは難しいのです。

 

プロアクティブ+はニキビに対してどんな効果がある?

プロアクティブは3つのステップで「毛穴に皮脂などが詰る」事に対して有効に作用します。

先ほどニキビの原因とその対処の方向性について理解していただきました。ニキビを治すなら毛穴に皮脂などが詰まる原因である「乾燥」「皮脂の過剰分泌」「角化異常」を防ぐ事が必要です。

そしてプロアクティブ+これらの現認に対して効果がある製品となっています。

 

プロアクティブ+は3つのステップでニキビを防ぐ

では実際にどのようにしてプロアクティブがニキビに作用するのか見ていきたいのですが、プロアクティブ+がニキビを防ぐ秘密は「洗顔・美容液・クリーム」の3ステップにあります。

この3つのステップはプロアクティブ+の3ステップセットという一番ベーシックなセットに入っているプロアクティブ+の核となる3つの製品です。

オススメの使い方に関しては敏感肌の人のためのプロアクティブプラスの使い方【保存版】という記事でお伝えしていますが、ここではまずそれぞれがどんな特徴を持っていてどのようにニキビに効くのか理解してください。

 

スキンスムージングクレンザー(洗顔)

サリチル酸の殺菌効果と古い角質や皮脂を取り除くソフトなスクラブ洗顔でニキビを防ぐ。保湿成分で洗いあがりもしっとり

まずは洗顔です。プロアクティブ+の洗顔にはソフトスクラブが入っています。スクラブというと肌に悪そうなイメージがありますが、このスキンスムージングクレンザーのソフトスクラブはかなり小さく柔らかいスクラブなので肌への負担はかなり下げられています。

View this post on Instagram

プロアクティブ+薬用3ステップ♡ スクラブ入り洗顔料でお肌がツルツルに♡ 二種類の保湿はベタつきやテカリは全くないのにお肌がもっちり♡♡ ニキビだけでなく毛穴ケアや保湿力にも大満足(❁´ω`❁)*✲゚* プロアクティブって聞くとニキビケア!サッパリ!!っていうイメージが強いですが新しいプロアクティブは美白や保湿のケアもばっちり♡ ニキビケアもしたいけど肌の潤いやハリも欲しい私にぴったりの商品でした!大満足!♡ #ブロネット 様をつうじて #ガシーレンカージャパン株式会社 さまの #プロアクティブプラス #プロアクティブ薬用3ステップセット を #モニター させて頂きました♡ #ニキビケア はもちろん #毛穴ケア や#美白ケア 乾燥肌の方にも油脂肌の方にもオススメ! 素敵な商品をお試しさせていただき #ありがとうございます💓

ぴにゃん♡♡さん(@yuu_dd)がシェアした投稿 –

よくプロアクティブの口コミでスクラブが「肌に悪い」などがありますが、それは恐らく昔のプロアクティブの洗顔を使用した方の意見だと思います。

プロアクティブは数年前にプロアクティブからプロアクティブ+に商品をリニューアルしています。かつてのプロアクティブはたしかにちょっと肌にきつかったのですが、この新しいプロアクティブ+はスマートターゲットテクノロジーなど最新の美容システムや成分も用いつつ、日本人の肌にも合うようにとことん肌への優しさにこだわって作られています。

「プロアクティブ+」は、肌への効果とやさしさに徹底的にこだわり、成分や処方を一から見直して開発された全く新しいニキビケアシステムです。有効成分を毛穴の奥まですばやく届ける「スマートターゲット™ テクノロジー」を採用し、ニキビができにくい、すこやかな肌に整えます。また、ステップ3の「スキン ブライトニング ハイドレイター」は美白成分を配合し、明るく透明感のある肌へと導きます。
引用:プロアクティブ+公式サイトより

このスキンスムージングクレンザーの特徴は3つあります。

特徴1 スクラブで古い角質や皮脂を取り除く

まず特徴の1つはスクラブ入りの洗顔です。このスクラブを肌の上で軽く転がす事で古くなった角質や余分な皮脂を取ってくれます。

角質というのは本来肌の表面で雑菌の侵入を防いだり水分を保ってくれる役割を担ってくれますが、古くなってしまった角質はその機能がなくなります。そしてただ機能がないだけなら放っておいてもいいのですが、古い角質を放置しておく事によって、その下にある肌の層に十分に水分がいかなくなったりします。

そうするとターンオーバーという肌の生まれ変わりによって出てくる新しい角質が正常ではなくなり、また肌が荒れていったりするのです・・・そのため、古い角質はある程度取り除いてあげる事が必要なのです。

管理人
これが毛穴に皮脂などが詰まる原因の1つである「角化異常」ですね。
ただし角質は先ほどもお伝えしたように本来は肌のバリア機能を担う重要な層です。そのため、自分の肌に合わせて洗う回数を変える必要があります。これはまた使い方のページで詳しくご説明しようとは思いますが、洗いすぎは禁物です。洗いすぎは肌の本来のバリア機能を壊してしまうため、負のスパイラルを生んでしまうのです。

 

特徴2 サリチル酸でニキビの原因菌を殺菌

2つ目の特徴がこのサリチル酸です。このサリチル酸はプロアクティブ+の3ステップニキビケアのすべての製品に入っている有効成分です。

有効成分という言葉を使いましたが、これってけっこう曖昧な言葉ですよね。しかも公式サイトを見てみても何がどう有効なのか分からない、、、その辺がプロアクティブの口コミが悪い理由の1つだったりすると思いますね、、。

で、そのサリチル酸ですがどんな効果があるかというと大きく2つの効果があります。

・皮膚の角質を溶かして柔らかくする
・抗菌、殺菌作用

このような効果があります。ニキビというのは基本的に不健康な肌にできてしまいますが、不健康な肌というのは角質が硬くなり肌にうるおいがない状態となってしまっています。

サリチル酸はこのような硬くなってしまった角質を溶かして柔らかくしてあげる事で化粧水や美容液を浸透しやすくしてくれます。これは何となく畑を耕すのに似ていますね。土が硬いところに花を植えても水分や栄養がうまく行き渡らないので、まず畑を耕してからお花を植えますよね。

そういった役割だとイメージしていただくと良いかと思います。

もう1つは抗菌・殺菌作用です。ニキビは毛穴に皮脂などが詰まってそれによってアクネ菌などが繁殖し炎症を起こす事によってできてしまいます。

サリチル酸はこのような炎症に対して殺菌作用があるためニキビにアプローチできるのです。実際大きく腫れた赤ニキビや膿んだようなニキビでも私の経験ではプロアクティブを使えば2〜3日でほぼ治るくらいまで炎症を抑える事ができています。

しかし実はこのサリチル酸は抗菌・殺菌作用と肌を溶かす作用がけっこう強いのであまりやりすぎると逆に肌の炎症を起こしてしまう事になります。それだけ有効なのでニキビにも効くのですが、自分の肌に合った使い方をしないとニキビケアなのに本来の肌の機能を損ねてしまう可能性があります。

また敏感肌の人のためのプロアクティブプラスの使い方【保存版】という記事で使い方に関してはご説明していますが、肌が弱い人は2日に1回使うという感じがオススメです。肌から分泌される皮脂は脂肪酸というものを作り出しそれが作用して弱酸性を保っていますが、サリチル酸で殺菌しすぎるとそういった肌本来の有効成分も殺菌しちゃうのでやりすぎないことが極めて重要です。

そしてプロアクティブ+の悪評に関するほとんどの原因はここにあります。なぜなら公式サイトには「1日2回使う」と書いてあるから。肌が強くない人が1日2回も使っちゃうとそれこそ肌が荒れたり使用をやめた途端にニキビができたりするのです。

 

天然由来の保湿成分で保湿

先ほどサリチル酸はやりすぎるとダメと言いましたが、一応プロアクティブ側もそれは分かっていて天然由来の保湿成分である「ブドウエキス、ユキノシタエキスオウゴンエキス」などを配合しています。

この保湿成分は「毛穴に皮脂などが詰まる原因」の1つである「乾燥」を防ぐのに有効です。

しかしプロアクティブに含まれている保湿成分というのは、肌に水分を与えるという役割ではなく抗酸化作用によってコラーゲンとかを破壊する酵素などから守ってくれるものでありその名の通りの保湿成分ではありません。どちらかというと入ってきた水分を逃さないための成分ということになります。

肌が強くない人以外は敏感肌の人のためのプロアクティブプラスの使い方【保存版】という記事でお伝えしている通りプロアクティブ以外の物で何かしら水分を肌に与えるステップを取り込む事をオススメしています

 

ポアターゲティングトリートメント

抗炎症効果で出来てしまったニキビに有効に作用

続いてSTEP2のトリートメントです。これは洗顔をしたあとに塗るクリームです。先ほどお伝えしたようにプロアクティブ+には外から水分を入れるものはないため、これを塗る前に保湿をするのがオススメです。

このポアターゲティングトリートメントはスマートターゲティングテクノロジーというプロアクティブ+独自開発のシステムを取り入れて有効成分を毛穴の奥まで浸透させていきます。

で、スマートターゲティングテクノロジーってなんだ?って感じだと思いますが、公式動画を見てもよくわかりません。 こういったところが不評の一因を生み出していると思うのですが、、とにかく独自技術によって肌のバリアを超えてダイレクトにアクネ菌に作用できる技術なんだそうです。

そしてこの製品に入っている有効成分は先ほども出てきたサリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。サリチル酸は先ほどご説明しましたので飛ばしますが、グリチリチン酸時カリウムは抗炎症作用を持つ有効成分となっています。

そのため、炎症を起こしている箇所に塗ると炎症を抑えてくれます。プロアクティブの効果がどれくらいで感じられるかはプロアクティブ+の効果が出るのは何日!?<ニキビに悩んでいる方必見>という記事を参考にしてください。

そして公式サイトでは顔全体に塗るとありますが、肌が強くない人はわざわざニキビのない部分にまで塗らなくて良いかなと思います。

なおこのクリームには保湿成分としてはアロエ液汁などが含まれています。アロエ液汁というのは様々な化粧品に使用されていますが、肌の細胞と細胞を強固につなぐ効果があり水分を逃さないようにしてくれるようです。

小林製薬の研究チームがアロエベラ液汁に関する調査レポート(美肌効果)を2015年に発表しています。※プロアクティブ+に含まれているのがアロエベラの液汁なのかは分かりません。アロエには300種類もの品種がありますので、参考までに考えていただければと思います。

View this post on Instagram

. #プロアクティブ+ #薬用3ステップセット30日サイズ . 肌への効果とやさしさに徹底的にこだわり 成分や処方を一から見直して開発された 全く新しいニキビケアシステムです。 有効成分を毛穴の奥まですばやく届ける スマートターゲットテクノロジーを採用し ニキビができにくい すこやかな肌に整えます。 . プレゼントで洗顔用電動ブラシと ミニ美容クリームが入っていました。 STEP1 #スキンスムージングクレンザー ニキビを予防し、毛穴の汚れまで すっきり洗い流す薬用洗顔料 泡立たない洗顔です。 スクラブが少し痛いので ゴシゴシ洗うのは絶対NG! 優しくマッサージするように洗います。 顔全体1分以内を目安に洗顔した後 洗い流すと、肌がワントーン明るく なっていてびっくり! おまけにもっちり柔らかい肌に! STEP2 #ポアターゲティングトリートメント 有効成分とうるおいを 毛穴の奥まで届ける薬用美容液 伸びがよく肌馴染みも良いです。 STEP3 #スキンブライトニングハイドレイター ニキビ予防と美白ケアを同時に。 内側から輝く肌へと導く薬用クリーム もっちりしたクリーム(重くはない)で 伸びがよく、しっかり肌に密着してくれます。 ポアターゲティングトリートメント、 スキンブライトニングハイドレイターともに パール粒大を目のまわりを避けて こすらず、優しく顔全体にのばします。 ベタベタしない使用感で さっぱりした使い心地です。 プロアクティブ+3ステップを使用後の肌は ツルツル、スベスベの肌になります。 ただ、メイク前のスキンケアに使用すると ポロポロとカスが出て来たので 私は夜のみの使用を続けてみました。 以前は赤みとふくらみのあるニキビが 頬にありました。 継続して使用してみて ニキビのふくらみ、赤みは ほとんどなくなり、治りつつあります。 また、パッケージ裏表ともに 使用する順番が 分かりやすく記載されているのが とても親切で好感を持ちました。 プロアクティブはニキビに悩む人の 強い味方! 私も継続して使うことで 1日でも早くニキビとさよなら出来たら いいなと願いを込めて 毎日のケアに取り入れています。 #プロアクティブプラス #ニキビケア#ニキビ #ブロネット #モニター当選#当選

@ cappuccino.taがシェアした投稿 –

 

 

スキンブライトニングハイドレーター

ビタミンC誘導体が有効に働き、皮脂を抑制しつつ肌を元気に。美白効果も同時に担保

3つ目が薬用クリームのスキンブライトニングハイドレーターです。正直プロアクティブ+の中ではこれがもっとも重要な役割を果たしているのでは?と思っています。

このクリームはビタミンC誘導体を配合しており、乾燥から肌を守りつつメラニンなどの生成を抑え美白ケアも同時にできちゃうクリームとなっています。そしてこのクリームにももちろんサリチル酸は配合されています。

 

ビタミンC誘導体がニキビにもたらす影響

スキンブライトニングハイドレーターに配合されているビタミンC誘導体がニキビにどんな影響力があるのかお伝えしておきます。

ここまで紹介してきたスキンスムージングクレンザーとポアターゲティングトリートメントはどちらかというと守る(予防)よりも攻めの色合いが強い製品でしたが、スキンブライドニングハイドレーターはどちらかというと守りの製品です。

ビタミンC誘導体というのはビタミンCを肌からでも吸収しやすいように人工的に改良を加えられた成分です。ビタミンCはメラニンの生成を抑制したり抗酸化作用(肌の老化などを防ぐ)があったり皮脂の分泌を抑えてくれる、コラーゲンの生成を促すなどの効果があります。

これらのビタミンC誘導体とサリチル酸が配合されたスキンブライトニングハイドレーターは、お肌の調子を整えつつニキビに有効に働いてくれるのでかなり効き目があるのです。

 

肌本来のバリア機能を生かしつつ上手くプロアクティブ+を使っていくのが有効

何も考えずにただプロアクティブ+を使うのではなく、肌本来の機能を理解し活用する事でプロアクティブ+の効果を最大限に発揮させる事ができる

ここまでプロアクティブ+の働きを中心に見てきましたが、その中で何度も言っていた事があります。それは肌本来のバリア機能ということです。

ニキビというのは皮脂などが毛穴に詰まって、そこでアクネ菌が繁殖し炎症を起こす事によって生まれます。この毛穴に皮脂などが詰まる事の原因として「乾燥」を挙げている通り、ニキビに悩まされている多くの人ができていないのがこの「乾燥」対策です。

その保湿、きちんと保湿できていますか?

よく保湿が大事という話をすると、「え、ちゃんと化粧水も乳液も塗ってるよ」と言われるのですがそれだけだと実は保湿になっていない可能性があります

少し根本的な話をすると、本来人間の肌は下の画像のような構造となっていて、その一番外側にあたる角層には約20〜30%の水分が含まれています。この水分が外気や何らかの理由で蒸発して失われてしまうと肌がツッパる「乾燥」という状態になります。

ただし人間の肌にはそもそもそういった水が蒸発しやすい状態でも水分を維持するような仕組みがあり、健康な肌というのはその仕組みが上手く働いているのでいつもツヤがあり乾燥しないのです。そして乾燥しないということは肌のバリア機能が上手く作用するので外部からの刺激を受けにくくニキビなどができにくいのです。

しかし反対にどれだけ化粧水などで水分を補っても、それを維持する機能が正常に働いてない限り水分をどれだけ補充しても乾燥してしまいます。

また水分の維持という意味では「乳液使ってるよ!」という方もいますが、乳液だけでは十分に水分を維持することができません。もちろん乳液で水分を逃がさないようにする事も重要ですが、最も重要なのは「肌本来の水分維持装置が十分に機能できるように整える」ということです。

 

肌本来の水分維持装置とは

肌本来の水分維持装置というのは「皮脂」「天然保湿因子」「「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つがあり、これらが互いに支え合って水分を維持しています。

とはいえこの3つすべてが重要というわけではなく、水分の80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が維持しています。セラミドは水分と結合して(挟み込んで)維持するため例え湿度が0%であってもセラミドに守られた水分は蒸発しません。そんなすごい仕組みが人間の肌には備わっているのです。

つまり本当に必要な保湿というのはセラミドなどを補ってあげて肌本来の水分維持装置が十分に機能するようにしてあげ、その上で化粧水などで外から水分を与える事なのです。

セラミドは加齢とともに減っていくので、成人していて「乾燥する」という問題を抱えている方はセラミドを補給してあげなければなりません

そして幸いなことにセラミドは肌から補充してあげることができるので(むしろ体内からは作れない)毎日のお手入れで補うことができます。

保湿に関してはニキビの原因は洗いすぎ!?正しいニキビケアとプロアクティブ+を使う時の注意点という記事でお伝えしています。

 

プロアクティブ+の評判が悪い原因とは?(まとめ)

悪評の原因はニキビのこと、プロアクティブのこと、肌のことを知らない事が原因。知っていればすべて防げる

さてここまでニキビのこと、肌のこと、そしてプロアクテゥブ+のことについて正しい理解をしていただきました。ここでもう一度プロアクティブ+に関する悪評を考えてみたいと思います。

<プロアクティブ+の口コミ例>

・治らない、むしろ肌が荒れた
・乾燥する
・ヒリヒリする
・使用をやめるとニキビが増えた

ここまでしっかり読んでいただいた方ならもうお分かりかと思いますが、これってただニキビの事もプロアクティブの効能も保湿の事も「知らなかった」という事が招いている事なんですね。

治らなかったり肌が荒れたり乾燥したりするのは、保湿もせずにただただ殺菌ばかりしていて肌の本来の機能が損なわれているから

使用をやめるとニキビが増えるのは、洗いすぎで肌にもともといる常在菌まで滅菌しすぎてバリア機能が損なわれているから。これも「洗いすぎない」「きちんと保湿する」ということをすれば防げることなんです。

逆に言うとこれほど悪評がでるほど殺菌能力が強いとも言えます。

これまで色々なニキビケアをしてきて治らなかったのですよね?だとしたら綺麗ごとばかり言っている普通のニキビケアでは治りません。10年以上連続で支持されているプロアクティブ+に助けを求めてみてください。

ニキビが治れば、今まで人の目を見て話すのも自信がなかったのが嘘のように、自分に自信を持って毎日を過ごす事ができます

かつては毎日鏡を見てため息をついていた私も、今や肌の綺麗さを羨ましがられるようになりました。嘘っぽいですよね。ニキビが治るまでは本当に何しても治らないのでそう思ってしまいますが、騙されたと思ってぜひ一度試してみてください

そして企業側もそう思っているからこそ、60日間返品無料なのです。

 

最後に

ここまで読んでいただくとプロアクティブ+(プラス)に関して理解が深まったかと思います。そして同時に世の中にあるプロアクティブに関する悪評のほとんどが、「知らないコトによる結果」だったという事をお分りいただけたかと思います。

私はプロアクティブを使用するまでいくつものニキビ市販薬を試してきましたが、どれを使ってもいっこうに良くなる事はありませんでした。その時は本当に人と目を合わせて話すのも辛くて鏡を見るたびに落ち込んでいました。

そんな時に深夜のTVCMでプロアクティブのCMを見て「これしかない」と思って親に購入をせがみ買ってもらったのがプロアクティブでした。

実際に使ってみるまでは不安もありましたが、もう私にはプロアクティブ以外の選択肢が残っていなかった。そして無料で返品もできるし、という事で思い切って購入した事を覚えています。

もし今あなたが購入を迷われているのであれば少しでも早く購入した方がいいと思います。なぜなら悩んでいる時間がもったいないから。ニキビは悩んでいても減らないし、間違った方法をいつまでやっても一生綺麗になる事はありません。

1日も早くニキビの悩みから解放されてください。当サイトにはプロアクティブ+を9年間使った管理人が9年使用してみた感想を、他のユーザーさんの口コミも交えてまとめた記事「<口コミ>9年使って考えるプロアクティブ(プラス)の悪い点8選とみんなの口コミ評価」もございます。ぜひ参考にしてみてください。

<口コミ>9年使って考えるプロアクティブ(プラス)の悪い点8選とみんなの口コミ評価

2018.12.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA